初午(十二支の中の「初」祭事)

「初午」は2月の最初の午の日。この日は稲荷神のお祭りで、全国各地の稲荷神社で豊作、商売繁盛、開運、家内安全を祈願します。稲荷神のお使いといわれるキツネの好物の油揚げや、初午団子を供える風習もあります。

初午の由来

稲荷神社は全国に約4万社。農業、漁業、商売、家庭円満にご利益があるとされ、京都市伏見区の伏見稲荷大社が総本社です。伏見稲荷によると、和銅4年(711年)の2月の最初の午の日に、祭神が稲荷山(伊奈利山)の三箇峰に降りたという故事から、稲荷神を祭る祭事が行われるようになったとされます。

初午イメージ

旧暦2月の初午の日は今の3月にあたり、ちょうど稲作を始める時期だったため、農耕の神様を祭るようになりました。稲荷の名は「稲生り」から来たともいわれています。
また、その日から習い事を始めるという風習もありました。

初午は伏見稲荷をはじめ大阪の玉造稲荷、愛知県の豊川稲荷など、各地の稲荷神社で盛大に祭がとり行われます。ご近所のお稲荷さんにも赤いのぼりが立ち、賑やかになるでしょう。初午の日には、赤飯や油揚げ、団子などを供えて祭ります。

初午のお供え物

いなり寿司

稲荷神社といえばきつねがつきもの。きつねは稲荷神のお使い役で油揚げが大好物。初午の日には、油揚げや油揚げにすし飯を詰めたものを奉納しました。これが、いなり寿司の始まりで、きつねの大好物の油揚げを人間もたくさん食べられるよう考案されました。稲荷神社もいなり寿司も親しみを込めて「おいなりさん」と呼ばれています。
いなり寿司は、東日本では米俵に見立てた俵型ですが、西日本ではきつねの耳に見立てた三角が主流です。

いなり寿司イメージ

しもつかれ

また、初午の行事食として有名なのが、栃木県を中心に北関東に伝わる「しもつかれ」です。鮭の頭と、鬼おろしですった大根やにんじん、油揚げ、大豆、酒粕と煮る煮つけで、おせち料理や節分の豆の残りなどをうまく使った栄養満点の郷土料理です。

初午団子

初午には蚕の神様を祀る行事も行われました。養蚕をしている家では、繭がたくさんできるようにと願い、餅粉で繭の形に作った団子をお供えしました。地域によっては、団子を繭玉に見立てて中に小豆を一粒入れたり、ざるの中にマブシ(わらのようなもの)を入れて蚕が繭を作るように飾ったり、繭がシミにならないよう醤油をつけずに食べたりします。
また、初午団子をたくさん振る舞うと、繭から毛羽をとる「繭かき」の作業が賑やかになってよいといわれ、近所の家に配る風習もありました。

十二支の中の「初」祭事

十二支には「初午」のほか、「初」をつけてその時期にふさわしい催事を行う風習があります。

・初子(はつね):正月または11月の最初の子の日
正月最初の子の日には、野に出て小松引きや若菜摘みなどの子の日遊びが行われ、11月最初の子の日には、商家では大黒天を祀った。

・初丑(はつうし):夏の土用のうちの最初の丑の日
鰻を食べたり、丑湯に入ったりする風習がある。

・初寅(はつとら):正月最初の寅の日
福徳を願って毘沙門天に参詣する風習がある。

・初卯(はつう):正月最初の卯の日
初卯詣が行われる。

・初辰(はつたつ):正月最初の辰の日
防災のまじないをする日。
大阪の住吉大社では、月の初めの辰の日に「初辰まいり」を行い、48回で四十八辰=始終発達するとされている。

・初巳(はつみ):正月最初の巳の日
弁財天に参詣する風習がある。

・初申(はつざる):旧暦2月の最初の申の日
奈良の春日神社の祭典が行われる。

・初酉(はつとり):正月または11月の最初の酉の日
浅草鷲神社の祭礼がある。酉の市も各所で開かれる。

・初亥(はつい):正月最初の亥の日
摩利支天(まりしてん)の縁日がある。

ページトップへ

Menu

暮らし歳時記 Facebook