門松

門松は、新年に年神様が迷わずやってくるための目印です。
立てる木には杉なども使われていましたが、平安時代に「常緑の松は神様が宿る木」であり、神様をお待ちするのにふさわしいと考えられ、松が使われるようになりました。後に、まっすぐに節を伸ばす竹と、新春一番に香り高く咲く梅が縁起ものとして添えられました。

門松イメージ

門松は門の前に飾るものですが、昔は庭に松などの常緑樹を一本立てて、年神様の依代にしていたといわれています。玄関前や門前に左右に対で立てるようになったのは、江戸時代頃からで、玄関に向かって左側に雄松、右側に雌松を用いました。

正月飾りを飾るのにふさわしい日

門松を立てる日も選びます。29日に立てるのを「苦立て」、31日に立てるのを「一夜飾り」といって避ける風習があります。
一夜飾りを避ける理由は、直前に飾るのは誠意に欠け失礼にあたり、また、葬式の一夜飾りに通じるので良くないからと考えられています。
なお、昔は日没が1日の終りで、新年行事の始まりを日没としていたので、大晦日には年神様が来訪するとも考えられていました。
こう考えると、門松を立てるのは、28日頃がよいと思われます。
門松を飾っておく期間=年神様がいらっしゃる期間となるので、これを「松の内」(一般的には1月7日まで)といい、年始の挨拶や年賀状のやりとり、初詣をするのも松の内とされています。

ページトップへ

Menu

暮らし歳時記 Facebook