日々の便り

2021年06月10日

雑節「入梅」。新しい「平年値」が示す日本の気象の特徴は?

6月11日は「入梅」。農作業や暮らしの大切な目安とされてきた雑節のひとつです。昔は、芒種の後の最初の壬(みずのえ)の日、立春から1・・・

続きを読む

2021年06月04日

田植えの季節「芒種」。習い事を始めるなら6月6日!?

6月5日は二十四節気の「芒種(ぼうしゅ)」。「芒(のぎ)」とはイネ科植物の穂先にある毛のような部分のことで、芒のある穀物の種を蒔く・・・

続きを読む

2021年06月01日

「衣替え」は暦が教えてくれる暮らしの知恵

6月の和風月名は「水無月(みなづき)」です。由来は、「無」には「の」の意味があり「水無月」=「水の月」といわれていますが、旧暦の6・・・

続きを読む

2021年05月30日

七十二候「麦秋至」。日本のパンの生い立ちは?

5月31日から七十二候では「麦秋至(むぎのときいたる)」です。麦畑が黄金色に色づき、収穫期を迎えます。季節は梅雨にさしかかるところ・・・

続きを読む

2021年05月25日

七十二候「紅花栄」。初夏の味覚「さくらんぼ」

5月26日から七十二候では「紅花栄(べにばなさかう)」です。紅花の花が咲きほこる頃という意味ですが、実際にはもう少し遅めの地域が多・・・

続きを読む

2021年05月20日

草木が育つ「小満」。日本の原風景を思わせる「田毎の月(たごとのつき)」

5月21日は「小満」。二十四節気のひとつで、陽気が良くなり、草木が成長して茂り、動物や植物にも活気があふれる頃。万物が満ちはじめ、・・・

続きを読む

2021年05月14日

七十二候「竹笋生」。春の味覚でおうち居酒屋

5月15日からは七十二候の「竹笋生(たけのこしょうず)」。たけのこが出てくる頃という意味です。古来、たけのこは成長が早いうえ真っす・・・

続きを読む

2021年05月08日

感謝の気持ちを伝えたい「母の日」

5月の第2日曜日は「母の日」。お母さんに日頃の感謝の気持ちを伝える日です。日本の母の日はアメリカの母の日が伝わったもので、カーネー・・・

続きを読む

2021年05月04日

二十四節気「立夏」。「端午の節供」には菖蒲湯で厄除け

5月5日は「端午の節供」。二十四節気では「立夏」。暦の上ではこの日から立秋の前日までが夏です。新緑の季節、田んぼでカエルが鳴き出す・・・

続きを読む

2021年05月02日

よく似ているツツジとサツキ。どこが違うの?

5月3日は憲法記念日。1947年5月3日に日本国憲法が施行されたのを記念し、1948年に制定されました。ちなみに、日本国憲法が公布・・・

続きを読む

記事一覧を見る

ページトップへ