日々の便り

2017年10月17日

七十二候「蟋蟀在戸」。商売繁盛を願う「恵比須講」とべったら市

10月18日からは七十二候の「蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)」。秋の虫が戸口で鳴く頃という意味です。今は「蟋蟀」を「こおろぎ」と読・・・

続きを読む

2017年10月12日

七十二候「菊花開(きくのはなひらく)」。

10月13日からは七十二候の「菊花開(きくのはなひらく)」。菊の花が咲き始める頃です。旧暦では重陽の節供を迎える時期で、菊で長寿を・・・

続きを読む

2017年10月07日

二十四節気「寒露」。「体育の日」に運動会は秋の風物詩

10月8日は二十四節気の「寒露(かんろ)」。草木に冷たい露が降りる頃という意味です。昼間は晴れるとまだ少し暑いときがありますが、朝・・・

続きを読む

2017年10月02日

七十二候「水始涸」。「十五夜」の不思議と「お月見」の楽しみ方

10月3日から七十二候の「水始涸(みずはじめてかるる)」になります。田んぼの水を抜き、稲刈りの準備をする頃。井戸の水が枯れ始める頃・・・

続きを読む

2017年09月30日

「神無月」に神々が大集合。出雲で開かれる重要会議とは?

10月の和風月名は「神無月」。神を祭る月であることから「神の月」とする説が有力とされていて、「無」は「水無月」と同じように、「の」・・・

続きを読む

2017年09月27日

七十二候「蟄虫坏戸」。秋桜(コスモス)は秋の風物詩

9月28日から七十二候の「蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)」です。虫たちが土にもぐり、入口の戸をふさぐ頃という意味で、冬ごもりの・・・

続きを読む

2017年09月22日

二十四節気「秋分」は秋の彼岸。深まる秋を楽しもう

9月23日は二十四節気の「秋分」。昼夜の長さがほぼ同じになる日で、この日を境に日が短くなり、秋の夜長に向かいます。読書の秋や芸術の・・・

続きを読む

2017年09月17日

七十二候「玄鳥去」。深まる秋にツバメたちが旅立つ頃

9月18日からは七十二候の「玄鳥去(つばめさる)」になります。ツバメが子育てを終え、南へ帰ってゆく頃。来春も元気な姿がたくさん見ら・・・

続きを読む

2017年09月14日

「十五夜」はいつ?目的で異なる行事の実施日

旧暦8月15日の夜、いわゆる「十五夜」は一年で最も美しい月が見られるとされています。2016年は旧暦8月15日が9月15日にあたり・・・

続きを読む

2017年09月11日

七十二候「鶺鴒鳴」。ぶどうのおいしい季節です

9月12日は、七十二候の「鶺鴒鳴(せきれいなく)」。セキレイが鳴き始める頃という意味で、セキレイとは、スズメ目セキレイ科の鳥の総称・・・

続きを読む

記事一覧を見る

ページトップへ