日々の便り

2019年05月15日

七十二候「竹笋生」。東京の初夏の風物詩、浅草「三社祭」

5月16日からは七十二候の「竹笋生(たけのこしょうず)」。たけのこが出てくる頃という意味です。たけのこは古来よりまっすぐに育つとあ・・・

続きを読む

2019年05月10日

七十二候「蚯蚓出」。ミミズは土作りの立役者

5月11日から七十二候では「蚯蚓出(みみずいずる)」。冬眠していたミミズが地上に出てくる頃という意味です。ミミズは、他の虫たちより・・・

続きを読む

2019年05月05日

二十四節気「立夏」。豊作を願う全国の御田植祭

5月6日は二十四節気の「立夏」。暦の上ではこの日から立秋の前日までが夏です。新緑の季節、田んぼでカエルが鳴き出すのもこの頃。七十二・・・

続きを読む

2019年05月04日

「端午の節供」は柏餅と粽(ちまき)でお祝い

5月5日は「端午の節供」。「こどもの日」として親しまれていますね。端午の節供は五節供の一つです。もともとは古代中国で行われていた菖・・・

続きを読む

2019年05月02日

みどりの日は自然に親しむ日。海外でも人気の盆栽まつりも

5月3日は憲法記念日、日本国憲法が1947年5月3日に施行されたのを記念し、1948年に制定されました。ちなみに、日本国憲法が公布・・・

続きを読む

2019年05月01日

雑節「八十八夜」。新茶のおいしい淹れ方は?

立春から数えて88日目は雑節の一つ「八十八夜」で、今年は5月2日に当たります。昔から「八十八夜の別れ霜」といってこの時期の遅霜を警・・・

続きを読む

2019年04月30日

風薫る爽やかな五月。新天皇即位で「平成」から「令和」へ

5月の和風月名は「皐月(さつき)」。田植えが始まる頃なので、早苗を植える月「早苗月(さなえづき)」が略され、「さつき」になったとい・・・

続きを読む

2019年04月28日

平成最後の「昭和の日」。百花の王、牡丹の咲き誇る頃

4月29日は「昭和の日」。2007年に祝日法により『激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす』という・・・

続きを読む

2019年04月24日

七十二候「霜止出苗」。チューリップ

4月25日から七十二候では「霜止出苗(しもやみてなえいずる)」になります。ようやく霜が降りなくなり、苗代では種もみが芽吹いて青々と・・・

続きを読む

2019年04月19日

穀物を潤す春の雨が降る「穀雨」。恵みの雨の名前いろいろ

4月20日は二十四節気の「穀雨」。「雨が降って百穀を潤す」という意味です。この頃は、暖かな雨が降り田畑を潤します。春先の変わりやす・・・

続きを読む

記事一覧を見る

ページトップへ