日々の便り

2017年12月18日

正月に欠かせない、年神様の魂が宿る「鏡餅」

餅は、昔から神様に捧げる神聖な食べものとして、祝い事や祭りには欠かせないものでした。「鏡餅」も正月には欠かせません。「鏡餅」は、新・・・

続きを読む

2017年12月16日

子どもの健やかな成長を願う羽根つきと羽子板

12月も半ばを過ぎると各地で「歳の市」が行われ、正月飾りなどの正月用品、羽子板、だるまなどの縁起物が売られます。東京・浅草の浅草寺・・・

続きを読む

2017年12月15日

年神様の神聖な場所を示す「注連縄・注連飾り」

注連縄や注連飾りも門松と同様、年神様を迎えるために飾りつけるものです。「しめ」には神様が占める場所という意味があり、天照大神が岩戸・・・

続きを読む

2017年12月14日

「門松」を立てるタイミングは、何日がベスト?

新年に幸福を授けに降りてくる年神様をお迎えする際の案内役、それが「門松」です。昔は、「正月事始め」にすることのひとつに「松迎え」が・・・

続きを読む

2017年12月13日

知らないと恥ずかしい?年賀状の書き方

12月15日から平成30年用の年賀状の受付が始まります。年賀状とは、年始の挨拶を簡略化したもの。もともとは元日に出向いて年賀の挨拶・・・

続きを読む

2017年12月12日

正月の準備を始める「正月事始め」は「煤払い」からスタート!

12月13日は「正月事始め」で、「煤払い」「松迎え」など、正月の準備にとりかかる日とされています。正月には年神様(としがみさま)と・・・

続きを読む

2017年12月11日

七十二候「熊蟄穴」。もうすぐお正月。お正月はなぜおめでたいの?

12月12日から、七十二候では「熊蟄穴(くまあなにこもる)」に入ります。秋の間に食いだめをした熊がそろそろ冬ごもりを始めます。さて・・・

続きを読む

2017年12月06日

二十四節気「大雪」。「事八日」には「針供養」も

12月7日は二十四節気の「大雪」。山の峰々は雪をかぶり、平地にも雪が降る頃です。七十二候では「閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)」に・・・

続きを読む

2017年12月01日

七十二候「橘始黄」。三大曳山祭「秩父夜祭」開催

12月2日から七十二候では「橘始黄(たちばなはじめてきばむ)」になります。橘の実が黄色く色づき始める頃です。橘は古くから自生してい・・・

続きを読む

2017年11月30日

一年を振り返る「師走」。お世話になった方へ贈るお歳暮のマナー

12月の和風月名は「師走」。子どもの頃「先生も走るくらい忙しい時期」だから「師走」と教えられた気がしますが、この「師」は本来「僧侶・・・

続きを読む

記事一覧を見る

ページトップへ