日々の便り

2018年02月18日

二十四節気「雨水」。蕗の薹など、ほろ苦い春の味を楽しもう

2月19日は二十四節気の「雨水」。「雨水」とは、雪が雨に変わり、氷が溶けて水になる頃という意味。実際にはまだ雪深いところも多く、こ・・・

続きを読む

2018年02月13日

楽しい小正月行事、「かまくら」。なつかしい火鉢に親しむ方法

2月14日から、七十二候の「魚上氷(うおこおりをいずる)」に入ります。水が温み、割れた氷の間から魚が飛び跳ねる頃。春の足音を感じて・・・

続きを読む

2018年02月07日

道具に感謝の心を込めて「針供養」

2月8日は「事八日」の日。「事」とは、もともと祀りあるいは祭りを表す言葉で、コトノカミという神を祀るおまつりの日です。そのおまつり・・・

続きを読む

2018年02月06日

「初午」には稲荷ずしで豊作祈願

2月最初の午の日は「初午」。この日に、京都・伏見稲荷大社の地に稲荷神が降りたとされ、やがて全国に「初午祭」が広まりました。稲荷の名・・・

続きを読む

2018年02月03日

「立春」から一年のスタート。「立春大吉」で厄よけのおまじない

2月4日は二十四節気の最初の節気「立春(りっしゅん)」で、春の始まりです。旧暦では立春近くに正月がめぐってきたので、一年のスタート・・・

続きを読む

2018年02月02日

「豆まき」の豆は大豆?落花生?鬼はどうしてあんな格好なの?

2月3日は雑節の一つ「節分」です。本来は立春、立夏、立秋、立冬のそれぞれ前日が「節分」で、年に4回ありますが、旧暦では春から新しい・・・

続きを読む

2018年01月31日

厳寒の如月。北国の冬の楽しみは祭りにあり!

2月の和風月名は「如月(きさらぎ)」。中国での2月の異称「如月」を、日本で「きさらぎ」と読むようになったといいます。「きさらぎ」の・・・

続きを読む

2018年01月29日

七十二候の最終候「鶏始乳」。「金柑」でおいしく風邪予防

1月30日から七十二候の「鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)」になります。春の到来を感じた鶏が鳥屋に入って卵を産み始める頃という・・・

続きを読む

2018年01月24日

七十二候「水沢腹堅」。「鷽(うそ)替え神事」で開運祈願

1月25日から七十二候では「水沢腹堅(さわみずこおりつめる)」になります。沢に流れる水さえも凍る厳冬の時期ということで、その光景を・・・

続きを読む

2018年01月19日

寒さ厳しい「大寒」。雪の下から「蕗の薹」が顔を出す頃

1月20日は大寒。冷え込みも厳しく、最も寒い頃です。大寒は二十四節気の最後の節気で、ここを乗り切れば春ももうすぐです。昔は「二十日・・・

続きを読む

記事一覧を見る

ページトップへ