日々の便り

2018年08月17日

七十二候「蒙霧升降」。涼やかな「かき氷」を楽しむ

8月18日から七十二候の「蒙霧升降(ふかききりまとう)」になります。深い霧がまとわりつくように立ち込める頃。まだ残暑は厳しいものの・・・

続きを読む

2018年08月12日

知っておきたいお盆の風習。先祖の霊の里帰り

8月15日は月遅れのお盆で、8月13日はお盆の入り。お盆の内容は多様ですが、一般的には、盆棚を設え、お墓参りに行って、先祖の霊を招・・・

続きを読む

2018年08月10日

山の恩恵に感謝する「山の日」。鳴いているのは何蝉?

8月11日は「山の日」。2016年から施行された国民の祝日で、「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」日とされています。日にち・・・

続きを読む

2018年08月06日

二十四節気「立秋」。優雅な扇子使いで涼やかに

8月7日は「立秋」。二十四節気のひとつで、この日から立冬の前日までが暦の上では秋となります。暦の上では暑さのピークが過ぎるので、立・・・

続きを読む

2018年08月01日

夏の睡魔を吹き飛ばせ!東北三大祭りの起源は七夕の「眠り流し」

8月2日からは七十二候の「大雨時行(たいうときどきふる)」です。空がにわかに曇り夕立になったりする頃。ひと雨降った後は少し涼しく感・・・

続きを読む

2018年07月31日

8月1日は八朔。「田の実の節供」と頼みの風習

8月の和風月名は「葉月(はづき)」。旧暦では7月が秋の初めの初秋なので、8月といえばもう仲秋。それで葉の落ちる月で「葉落月(はおち・・・

続きを読む

2018年07月27日

七十二候「土潤溽暑」。光と音の競演「花火」で納涼

七十二候では、7月28日から「土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)」になります。土がじっとりとして蒸し暑くなる頃。蒸し暑いことを「・・・

続きを読む

2018年07月22日

二十四節気「大暑」。「暑中見舞い」で涼を届けてみませんか

7月23日は二十四節気の「大暑」。最も暑さが厳しいころという意味です。そして七十二候では、「桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)」・・・

続きを読む

2018年07月19日

雑節、夏の「土用」。「う」のつくものでスタミナ回復!

土用とは、立春、立夏、立秋、立冬前の18日間(または19日間)のことを指します。季節の変わり目にあたることから様々な風習がありまし・・・

続きを読む

2018年07月17日

七十二候「鷹乃学習」。夏の涼を奏でる風鈴と風鈴市

7月18日から七十二候の「鷹乃学習(たかすなわちがくしゅうす)」。鷹の子が飛ぶ技を覚え、巣立ちを迎える頃です。日本で鷹といえば大鷹・・・

続きを読む

記事一覧を見る

ページトップへ