日々の便り

2020年10月22日

二十四節気「霜降」。「山粧う」紅葉の時季

10月23日は二十四節気の「霜降(そうこう)」。「寒露」の次にあたり、露の後は霜ということで気温はさらに低くなってきます。七十二候・・・

続きを読む

2020年10月17日

七十二候「蟋蟀在戸」。身近なりんごの不思議な力

10月18日からは七十二候の「蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)」。秋の虫が戸口で鳴く頃という意味です。今は「蟋蟀」を「こおろぎ」と読・・・

続きを読む

2020年10月11日

七十二候「菊花開」。ガーデニングで春を彩る花の準備

10月13日からは七十二候の「菊花開(きくのはなひらく)」。菊の花が咲き始める頃です。旧暦では重陽の節供を迎える時期で、菊で長寿を・・・

続きを読む

2020年10月07日

二十四節気「寒露」。日本で過ごす冬鳥の来訪「鴻雁来」

10月8日は二十四節気の「寒露(かんろ)」。草木に冷たい露が降りる頃という意味です。朝晩はひんやりと冷え込むようになってきましたね・・・

続きを読む

2020年10月02日

七十二候「水始涸」。和服は袷(あわせ)に衣替え

10月3日から七十二候の「水始涸(みずはじめてかるる)」になります。田んぼの水を抜き、稲刈りの準備をする頃。井戸の水が枯れ始める頃・・・

続きを読む

2020年09月30日

出雲に神々が集まる「神無月」。「十五夜」「中秋の名月」の不思議

10月の和風月名は「神無月」。神を祀る月であることから「神の月」とする説が有力とされていて、「無」は「水無月」と同じように、「の」・・・

続きを読む

2020年09月27日

七十二候「蟄虫坏戸」。食欲の秋は「きのこ」がおいしい!

9月28日から七十二候の「蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)」です。虫たちが土にもぐり、入口の戸をふさぐ頃という意味で、冬ごもりの・・・

続きを読む

2020年09月21日

二十四節気「秋分」は秋の彼岸。深まる秋を楽しもう

9月22日は「秋分の日」で、二十四節気の「秋分」に入ります。秋分の日は、昼夜の長さがほぼ同じになる日で、この日を境に日が短くなり、・・・

続きを読む

2020年09月18日

「彼岸花」は「葉見ず花見ず」。「敬老の日」はご長寿をお祝い

9月19日は彼岸の入り。3日後の22日は「秋分の日」で、二十四節気の「秋分」に入り、雑節の「彼岸」の中日でもあります。秋の彼岸は、・・・

続きを読む

2020年09月16日

ツバメ去って、カツオが戻る秋。豊作を祈願する「八朔」

9月17日からは七十二候の「玄鳥去(つばめさる)」になります。ツバメが子育てを終え、南へ帰っていく頃。ツバメは民家の軒先などに巣を・・・

続きを読む

記事一覧を見る

ページトップへ